FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらのブログでは、オーストラリアで勉強する学生のナマの声を中心にお届けしております。

大学・専門学校への進学に興味のある方は下記のサイトを覗いてみてください。
オーストラリアの各大学の資料を日本語で提供しています。
オーストラリア留学ウェブ

【無料相談受付中】
無料お問い合わせフォーム


●ブログランキングに参加中♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

オーストラリアの大学、開始時期&期間&more



今日は、いくつかの大学・TAFEで新しい学期がスタート。在学中・7月スタートの生徒さん頑張ってくださいね。オーストラリア留学ウェブもサポート準備OKです!!:-)


オーストラリアの小学校・高等学校は 2 月に新学年が開始( 3 月から授業開始)しますが、大学は 7 月からも新学年が開始されます。ただし、科学・化学・数学(サイエンス)、工学・土木学(エンジニアリング)、医学、薬学、歯科学、芸術学などのコースは2月のみに開始します。

大学の学期期間は 1 週間の中休みを入れた 13 週間で、前期は 3 月~ 5 月下旬、後期は 7 月下旬~ 10 月下旬に講義が行われます。学期末試験は前期が 6 月中、後期は 11 月中の 3 週間で行われます。オーストラリアの大学生の夏休みは 12 月~ 2 月下旬まで、約 3 ヶ月もあります。羨ましい限りです。

長い夏休みにはアルバイトに明け暮れたり、ボランティアに参加したり、はたまたサマーコースを取って、本学期の科目履修の負担を減らす生徒もいます。

大学の学習スタイルは講義とチュートリアルの組み合わせが一般的で、まずは講義をうけ、その後にチュートリアルに移ります。チュートリアルでは一般的に 20 人ぐらいまでの人数でディスカッションが繰り広げられます。教授や講師が講義に沿った題目を与え学生が意見交換をするのですが、留学生は余程の自信がありませんとディスカッションに入っていくことが大変難しいです。ディスカッションでの発言も成績の内ですので、発言できませんと成績に響いてしまいます。ディスカッションでの発言は、ほとんどの東洋人留学生の最大の悩みですが、 1 年生を無事に乗り切れば 2 年目、 3 年目は少し自信がつき、なんとか乗り切れるようになります。

コンピュータやサイエンス、エンジニアリングのコースではチュートリアルの代わりにラボ(実験)があり、芸術コースではスチューディオ(制作室)で作品を仕上げます。

学期末試験は筆記試験が主体です。コース・科目によっては学期中に出されるアサイメント(リサーチ・論文課題・作品提出等)やチュートリアルでの発言で成績を決め、学期末試験がないこともあります。

アサイメントとして出される情報収集と小論文ですが、学期中のアサイメントですと文字数は 2000 単語~ 3000 単語で、履修する全部の科目( 4 つ)でアサイメントが出されることもあり、学期中は複数のアサイメントをこなすことになります。東洋人留学生は“英語を英語で理解して、英語で考えて英語で表現する”ことが必須になり、これがなかなか出来ないでいると、期日までにアサイメントを終わらせることができなくなってしまいます。

試験での筆記は、5、6題の問題から3つないし4つ選択し、 A4 用紙 2 枚半程度で小論文を書き上げます。テスト時間は通常 2 時間です。

オーストラリアの大学では日本のような卒業論文のような“論文”を書いて卒業するのではなく、あくまでも講義中心の科目の単位を習得して卒業します。論文が入ってくるのは大学院レベルで、大学院では必ず「リサーチの方法論」という科目を履修しなければなりません。

オーストラリアの大学では自主的に勉強(アサイメントをこなすという意味)をしないと卒業できません。本当にヤル気のある人間と適当にのんべんだらりとする人間が、ここで“ふるい”にかけられるわけですね。


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

こちらのブログでは、オーストラリアで勉強する学生のナマの声を中心にお届けしております。

大学・専門学校への進学に興味のある方は下記のサイトを覗いてみてください。
オーストラリアの各大学の資料を日本語で提供しています。
オーストラリア留学ウェブ

【無料相談受付中】
無料お問い合わせフォーム


●ブログランキングに参加中♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。