記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらのブログでは、オーストラリアで勉強する学生のナマの声を中心にお届けしております。

大学・専門学校への進学に興味のある方は下記のサイトを覗いてみてください。
オーストラリアの各大学の資料を日本語で提供しています。
オーストラリア留学ウェブ

【無料相談受付中】
無料お問い合わせフォーム


●ブログランキングに参加中♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

PTEアカデミック英語検定がオーストラリアの大学入学申請にも利用できます

PTEアカデミック英語検定とは
PTEアカデミック(英名:Pearson Test of English Academic、略称:PTE Academic)とは、海外の大学などに留学、進学を希望する方々を対象とした新しい英語検定です。
コンピュータベースで受験する比較的新しい検定で、2009年10月より開始されました。

TOEFL iBTのようにコンピュータを利用したテスト形式となり、受験科目はTOEFLやIELTSと同じ「リーディング」、「ライティング」、「リスニング」、「スピーキング」の4科目となります。

PTEアカデミック(ロゴ) 

利便性
認定された試験会場にて週に1回試験を受けることができ、試験の結果は5営業日程度で得ることができます。また、試験会場によっては週に2~3回と複数回も試験を実施しています。
オーストラリアで主流のIELTSは月に1又は2回の試験回数で、結果を得るまでに13日間の日数が必要となりますから、受験したい時にいつでも受けることができ、尚且つ早く結果を受け取ることができる「PTEアカデミック英語検定」は利用しやすいのではないでしょうか。


スコアの有効期限
2年間
※TOEFLやIELTSでも2年以上前の試験結果を受諾しないこととなっています。


受験費用
オーストラリアでのPTEアカデミック英語検定の受験費用は330ドルとなり、IELTSと同じ金額となります。
日本で受験する際の受験費用はUS$200となります。


スコアの比較
PTEアカデミックと、IELTS・TOEFL iBTのスコア対照表
PTEアカデミック(他試験とのスコア比較表) 

IELTSやTOEFL iBTにて測定できない範囲まで細かく判定されます。
これから英語の勉強をし始める方はもとより、今現在IELTSやTOEFLにてハイスコアを目指している方へもお勧めの英語検定です。


オーストラリアでの実用性
TOEFLやTOEICよりも日本ではまだまだ知名度の低い検定ですが、オーストラリアでは大学への進学やビザの申請など、IELTSと共に英語能力を証明する検定の一つとして広がりつつあります。
PTEアカデミックは、既にオーストラリアの主な大学の入学基準値として認められています。

例:グリフィス大学の入学基準(2015年発表)
●PTEアカデミック:61
●TOEFL iBT:79
●IELTS:6.5
各大学や学部により違いはあります。詳しくはお問合せください。


スポンサーサイト

こちらのブログでは、オーストラリアで勉強する学生のナマの声を中心にお届けしております。

大学・専門学校への進学に興味のある方は下記のサイトを覗いてみてください。
オーストラリアの各大学の資料を日本語で提供しています。
オーストラリア留学ウェブ

【無料相談受付中】
無料お問い合わせフォーム


●ブログランキングに参加中♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。