FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらのブログでは、オーストラリアで勉強する学生のナマの声を中心にお届けしております。

大学・専門学校への進学に興味のある方は下記のサイトを覗いてみてください。
オーストラリアの各大学の資料を日本語で提供しています。
オーストラリア留学ウェブ

【無料相談受付中】
無料お問い合わせフォーム


●ブログランキングに参加中♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

動物学をオーストラリアで学ぼう

将来動物に関わる仕事や研究を目指すうえで、動物大国であるオーストラリアの地で動物学を学びたいと思う人は多いのではないでしょうか。 動物について学ぶコースには、専門学校で半年間の「アニマルテクノロジー」コースがありますが、本格的に学ぶには動物学の学士コース(3年間)のコースがあります。



【専門学校で学ぶ動物学】

学校名: キャンベラ・インスティテュート・テクノロジー(CIT)
コース名: アニマル・テクノロジー コース  Certificate III in Animal Technology
期間: 6ヶ月

【コース概略】

このコースではペットや研究用動物について、扱い方・健康・繁殖・栄養・病気・医療などいろいろな面について学びます。

【卒業後の進路(例)】

●動物専門家アシスタント職 ●研究用動物専門家アシスタント職  など



【大学で学ぶ動物学】

大学名: フリンダース大学
コース名: 動物行動学 学士コース Bachelor of Science (Animal Behaviour)
期間: 3年間

【コース概略】

科学学士号の動物行動学専攻という形で開講する本コースでは動物行動学の基礎と動物全般(野生かそうでないかに関わらず)の行動学を学びます。 また、動物行動学の役割としての動物福祉、生存と進化についての理解を深めます。

本コースを通じて社会的、倫理的な面での保全生物学、動物行動学と動物保護について学び、動物行動学に関連する情報を収集、抽出し、評価・分析をする訓練を受けます。

【コースの特徴】
*現役で国内外の研究に関わり、外部団体とのコネクションの多い優秀な教員から指導を受けます
*自然環境と共存する都市計画、農業・漁業の持続環境、自然保存管理、自然をベースとしたツーリズムなどの分野に実践的に応用ができます
*動物の行動を成長・発達・化学・生理学・遺伝および順応などいろいろな面から研究します
*習得した知識をプロジェクトや研究に応用する機会を与えてくれます
*動物行動学に関連する他の専門分野(行動環境学・保全生物学・教育・医学(人、獣医学ともに)・心理学・法律など)に進むための足がかりとなります

【卒業後の進路(例)】

●動物行動コンサルタント  ●動物福祉職  ●生物学・生物多様性研究職  ●環境関連職、環境学研究職  ●自然資源プランナー  ●動物検疫所職員  ●自然保護官  ●サファリパーク監督職 ●野生動物研究職 ●動物園職員 ●動物愛護団体職員

【卒業後の進学(例)】
*Bachelor of Science (大学-科学学士)
*Master of Engineering (Research) (大学院-エンジニアリング修士-研究課程)
*Phd (Research)(大学院-博士-研究課程)

動物学に興味のある方やオーストラリア留学についてはお気軽にお問い合わせください。
スポンサーサイト

こちらのブログでは、オーストラリアで勉強する学生のナマの声を中心にお届けしております。

大学・専門学校への進学に興味のある方は下記のサイトを覗いてみてください。
オーストラリアの各大学の資料を日本語で提供しています。
オーストラリア留学ウェブ

【無料相談受付中】
無料お問い合わせフォーム


●ブログランキングに参加中♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。